So-net無料ブログ作成
検索選択

shape!!!! [日常・雑感]

最新刊の「Tarzan」は自転車ネタ。それも"自転車でカラダを絞る!"ときたもんだ。

2011101201.JPG


となると読まないといけませんな。

"自転車こそ最強!"として、賢く絞る公式が9つあげられています。
【公式1】筋肉の連動性が高まる。
【公式2】筋持久力がアップする。
【公式3】脂肪燃焼効果が望める。
【公式4】強度をコントロールしやすい。
【公式5】心肺機能が強化される。
【公式6】体幹の軸が整う。
【公式7】姿勢の矯正につながる。
【公式8】インナーマッスルが鍛錬される。
【公式9】ケガのリスクが低い。

カラダが"痩せる"じゃなく"絞り上げる"っていうのがいい。公式5〜8は昨日の記事「バランス」とも関わっているわけで、見逃せませんね。

こういうのを読むと、ロードバイクも欲しくなるね。2台同時に買うわけにもいかないしなァ・・・。さて。


タグ:Tarzan
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バランス [日常・雑感]

相変わらず絶賛腰痛中です。

若い頃の無理が祟って尾椎が分離骨折したままだったのがレントゲンで発覚したり、チョー痛いブロック注射に泣かされたり、整骨院のカリスマ先生にバキバキ捻られたり、おまけにそれから派生した右膝痛も苦労のタネ。

加齢による体幹部の筋力低下と体重増加で腰椎に負荷が掛かっているのが一番大きな原因ではあるのだろうと思うが、ママちゃんの証言によると、立ち止っている時はそれほどでもないが、歩き出すと右肩が左より下がっているらしい。立ち姿も昔の方がもっと"シュッ"としていたそうだ。
以前の状態は記憶していないが、右膝を庇って歩き方がおかしいというより、右側に傾いている → 右腰と右膝に負荷が掛かって痛めた・・・と考える方が辻褄が合うような気がする。

立ち姿や歩く姿勢はママちゃんが確認してくれたが、さて、自転車に乗っている時はどうなんだろうと気になっていたところ、最近懇意にして頂いているヨッシュさんのブログ「ポタLOGだっしゅ!!」にワタクシことたーぱぱがBD-1で走っているバックショットがアップされていた(→記事参照)。

記事にあるとおり、先日LOROさんのワークショップで悪戦苦闘した後、松屋町筋(まっちゃまちすじ)を空堀界隈に向かって走っているところであるが、かなり窮屈そうにBD-1に乗っている。ハンドルとサドルとペダルに支えられているからか、特にどちらかに傾いているとか、右肩が下がっている気配はない・・・ようには見える。徒歩の時ほど腰に痛みを感じないから、以外に綺麗なフォームで乗っている・・・のかしらン!?
自分の印象では、左利きであるせいか、右膝を痛めているせいか、ペダルを踏み込む力が左が強く右が弱い。極端に言うと、左足で踏み込んでその勢いで右も回している感じ。走り終わった後に左右の疲労度が違うほどではないのでそれほど極端でもないのだろうけど・・・。

何れにしろ、自転車に乗る時も、歩く時も、立つ時座る時"シュッ"とキレイでバランスのいい姿勢を保たないといけない。口で言うのは簡単だけど、これがなかなか難しい。自転車の際は無駄に力を入れずに左右均等になるよう心掛ける。歩く際は右肩が下がらないよう意識する。

意識すればするほどぎこちない動きになっている・・・ような。結構難しいね。

まだまだ徘徊しないといけないし、もっと遊びたいわけで、しなやかでバランスのいい身体作りを心掛けないといけません。頑張ろ!!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

80% [日常・雑感]

「腹八分目 医者いらず」なんてェことを申しますが、八分目で我慢出来ないのが人情というもので・・・。

美味いもの、好きなものを腹いっぱい食べる。満腹感、満足感が幸福感に近しいのは間違いないが、出されたものを残さず食べて腹一杯を超えてしまうと、その満ち足りた幸福感は苦しみに変わってしまう。ダイエット中ならなおさら、それは罪悪感にさえなってしまう。

ダイエットというか、ボディメイクのために乗り始めた自転車。ジテツウ等で毎日でも乗れれば効果は上がるのでしょうが、そうもいかない。
となると、食事療法中心となるのですが、歳をとって代謝率は落ちて来ているのに、満腹中枢がそれに沿っていないのが、太ってしまう原因。若い頃と同じ食事内容を続けていると、代謝率が落ちた分、メタボリックなボディになってしまう。

ダイエットは我慢ではなく、満腹中枢を律すること、ワガママなイブクロに対する仕付け。

この頃は、ママちゃんの協力もあって、朝・昼にしっかり食べて夜はごく軽めの食事。それも野菜中心と少しの魚。肉類はごくごくたまにごく少量。21時過ぎたら固形物を摂らない。

食べ盛り育ち盛りなジュニア君が糖分とタンパク質を欲しているので、お肉などは彼のイブクロに消えて行く。彼くらいの年頃なら腹一杯を超えてしまっても、ゲーム機で遊んでいるだけで、あるいは寝ているだけで消化されてしまうらしい。それも1.7〜1.8人前食べてくれるので、パパはその分、0.6人前。家庭内でのバランスはとれている・・・のか??

満たされない満足感は食後の少量のフルーツから摂る糖分で補い、お茶とお白湯で満腹感を満たす。

そんな食生活を続けていたら順調に1kg/月ずつ体重は減って、ほぼ理想的な体重となってきた。このペースならリバウンドはしない・・・はず。

満腹中枢と胃袋を手懐けられたのか、ドカ喰いしなくなって、外食時もご飯などは「八分目」にして頂いたり、コントロールも無理無く出来るようになってきた。

食事で体重を落とせるので、自転車では脂肪燃焼と筋肉バランスだけを心掛けておけばいいのでポタも気楽に走ることが出来る。足腰に負担をかけるほどの無理や無茶は必要なくなってきた。

無茶するよりもポタ中のお茶。カロリー高いランチより香り高いお茶だけで十分満足感は得られます。食慾の秋とはいうけれど、油の浮いた肉汁よりも花の芳香漂うお茶を求めるこの秋のポタ。

この秋は、芳香(ほうこう)漂う方向(ほうこう)目指して、咆哮(ほうこう)しながら彷徨(ほうこう)します・・・なんちゃって。


タグ:ダイエット
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「大阪クラシック」のオ・マ・ケ [日常・雑感]

一晩経っても興奮冷めやらぬ「大阪クラシック」後遺症。

P1040229.jpg


興奮の理由はコレ。

ちゃうちゃう。これは中之島界隈を散策中に見つけた「ママちゃんの石像」。

P1040247.JPG


本当の興奮理由は大植英次監督に頂いたサイン。慌ててパンフレットの裏面、地図の上に書かせてしまいましたが、ウチワの方がよかったよなァ、やっぱり。来年は色紙を持って行こうかしらン!?

P1040230.jpg


ママちゃんそっくりの石像は「花の少女」というらしい。ジュニア君に見せたところ、ママちゃんそっくりと大ウケの大爆笑。ママちゃん本人には怖くて見せられません。他の誰かにも似てはる? それは言えません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天気が気になるところだが… [日常・雑感]

台風12号が接近中だとかで大阪もすでに覚束ない空模様。

炙るような陽射しも困るが、雨、ましてや台風とあってはこの週末身動き取れないことに成りかねない。

土曜日はLOROさんで嬉し恥ずかしカスタマイズ、日曜日はいよいよ感動の「大阪クラシック」。

両日とも晴れろとは言わないまでも、せめて降らないで貰いたい。 台風が勢力を落としつつ大きく進路をそらしてくれることを祈りつつ、とりあえずBD-1をキレイにしとこ。

2011090102.JPG

 


タグ:自転車 BD-1

そうして静寂は破られる [日常・雑感]

10日ぶりに英国から麗しの女王陛下さまと愛しのプリンスがご帰還遊ばしました。

夏休み、冬休み、春休みは見聞を広めるためにと海外までお出かけ遊ばすうちのプリンス君。海外旅行から帰って来るごとに、一皮むけて凛々しく精悍に成長して、大人びて来ている・・・ような(贔屓目?)。
同行しているママちゃんは旅ごとに成長して、ぽっちゃりしてくる・・・みたいな(偏見?)。

今回の旅の目的は、ウェストミンスターやバッキンガムなどいにしえの宮殿や寺院の様式美を堪能するとともに、大英博物館でさらに古い時代の遺品を見学する・・・ってことだったはずなのですが・・・。

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg


煉瓦作りの冷たく厳めしい建物よりもSLやバスが好き。

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg


なんだか得体の知れないモノより野原を走るウサギさんやヒツジさん、水鳥や街中で寛ぐワンコが好き。

26.jpg

27.jpg


パパのためにお花も撮影して来たけれど・・・。

28.jpg


やっぱり一番はアイスクリームやね。って全然成長してないし!!

で、パパへのお土産は?

IMG_0251.jpg


Twiningsのティーバッグ? ベリー系のアソート!? まァ、よしよし。

IMG_02521.jpg


なんで、英国まで出かけてキティちゃんなん!? ロンドンバスヴァージョンって??

IMG_0253.jpg


「パパはビートルズ好きでしょ?」って?? なにそれ??

IMG_02541.jpg

IMG_02551.jpg


大きなくくりではブリティッシュロックやけど、パパはディープパープルとか"そっち系"のヒトなんですけど・・・。なんか安易に済ませてないか??

オマケの土産話は・・・、
「フィッシュ&チィップス、タルタルソースがいっぱいでうましやったわァ!! クラッカーについてたレモンジャムが甘くてよかったァ!! イギリスのアイスはナニ味か分からないんだよ」って食い物ネタばっかやん。

トドメは横からママちゃん、
「で、パパリンはドコでナニしてたァ〜ん♡ ナニ食べてたァ〜ん♡ 悪いことしてへんでしょうね!?」
なんで帰って来るなり取り調べ!?

全然信用されてへんわァ。そうして、パパの静かで優雅な夏休みはいとも簡単に踏みにじられる。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ママには分からない [日常・雑感]

長いようで短かった3週間、今年のツール・ド・フランスの全21ステージがパリ・シャンゼリゼでのパレードで終ってしまいました。

コースが狭くて走りにくかったのが原因なのか、いつにも増して、運が大きく作用したようで、イヤな波瀾がちょっと多過ぎた。

ジロ・デ・イタリアとの連続優勝、3年連続4度目の総合優勝を狙うグランツール完全制覇達成者アルベルト・コンタドールは第1ステージでの落車から始まって度々のパンクに見舞われたり、勝利の女神に見放された感がなくもなく、第21ステージの個人タイムトライアルでの健闘も届かず総合5位に終ってしまった。
コンタのライバル筆頭格と思われたアンディ・シュレクは新しいチームまで用意して臨んだにも関わらず、それが完全には機能していなかった印象。フランクにーちゃんに遠慮があったのか、「オレがエース。オレを勝たせろ」という気迫に欠けたような・・・。

ワタクシことたーぱぱは以前から、ロードレース界には"アレキサンダー"をファーストネームにして個性的で選手が多いことから勝手に"アレクシーズ応援会"を名乗っていました。今回のツールにはアレサンドロ・ペタッキ、アレクサンドル・ヴィノクロフ、アレクサンドル・コロブネフが出場されていましたが、ペタッキはジロの疲れかコースが逢わなかったのかカヴェンデッシュに完敗し、ヴィノはアクシデントでリタイアするとともに引退まで表明。コロブネフはツール期間中にドービング発覚とかで消えて行くし、いいとこなし!! 3人とも総合優勝はともかく、もう少し見せ場が欲しかった。特にペタッキはジロではそれなりに光ってましたしねェ。

トマ・ヴォクレール、スポンサーやチーム編成が変わったせいか、予想外の奮起が好印象。結局ひとつもステージ優勝していないカベル・エヴァンスが総合優勝っていうのもねェ。エヴァンスは勿論頑張った末の結果だとは思うが、ちょっと「勝ち取った」って感じがないのがどうも・・・。

さて、うちではJ Sports等はリビングルームのデカイTVでしか観れないのだが、そうすると開始から暫くは横でママちゃんやジュニア君も一緒に観戦することになるわけで。
ジュニア君は「今日はドコからドコへ走るんだ? 今日の区間優勝はダレだ?」とそれなりに興味あるようなのだが、ママちゃんはイマイチ興味が持てないそうで、

ゴール前のスプリントまでなんの展開もなさそうなのを長時間じっと観ていて退屈しないのか?
逃げのヒト、せっかく一生懸命逃げているのに、そのまま逃がして上げればいいのに・・・。
エース格をゴール直前まで引いていくアシストさん達が可哀想。マラソンみたくみんな個別に走らせてあげたらいいのに・・・。
レース中だというのに、他のチームのヒトと楽し気に談笑とかしてていいのン?
どうせゴール前スプリントになるのなら、なんで200kmも走るのン?
ステージ優勝していないヒトがどうしてマイヨジョーヌになるのン?
ヴィノクロフもカヴェンスも顔が恐い!!

となかなかウルサい。

確かに、ゴール前スプリント勝負が予想されるステージは途中で寝落ちしそうな時もあるが、スプリントに至るまでにアタックを試みる選手もいるし、アクシデントで乱れることもある。そのために眠い目を擦りながら3時間近く観ているわけで。

ママちゃんはどうも、同じ長距離レースであるマラソンなどと比較しているようで、レース中に楽しそうに歓談(?)しているのが信じられないらしいが、チームを超えて共闘しなければならないこともある・・・はず。
それまで先頭走っていた選手がゴール直前で後に控えるスプリンタにコースを譲ったり、エースがマシントラブルに見舞われた際にいわゆるアシストの選手が自分の自転車を差し出したりタイアを交換したり、献身的なフォローするのが理解出来ないとおっしゃる。個人戦なのか団体戦なのか分からんと。タイムや順位は個人での計測ですしねェ。

ロードレースはサッカー同様ゲームであって、集団によるハンティング。サッカーもディフェンダがインターセプトして、ミッドフィルダが繋いでフォワードがシュートを決める。レースではマイヨジョーヌなりマイヨヴェールなり、チームが一番狙いやすい獲物をいかに効率よくゲットするか、全員結束してそれを目指すがトドメを刺すのがエース格。エースの役目は野球でもサッカーでも自転車レースでも違いはないのですが・・・。

区間優勝と総合優勝の関係は、ポイントも絡んで来るし、ちょっと難しい。ジロの場合はボーナスタイムまでついてるし。どうもママちゃんは21あるステージで何勝するかで総合優勝が決まると思ってるようで。まァ序盤はそうなることもあるにはあるのでややこしい。確かにステージをひとつも取らずに総合優勝というのもなんだかなァって感じはするし、このへんは説明が困難というかめんどくさい。

でTV観戦より説明に追われておいしいシーンを見逃したりする。あげくに途中で、眠いから寝ると消えて行く。ジロでもツールでもブエルタでも、毎年同じ説明を繰り返しているような気もするが、興味ないヒトには所詮、馬の耳に念仏。一緒に観ている間はずっと空しい解説を繰り返さないといけないのでしょうね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お腹ラクチンベルト [日常・雑感]

AppleStore心斎橋に出向いたついでに「390円SHOPサンキューマート・大阪アメリカ村店」で『安カワ★楽ちんゴムベルト』を買ってみた。

02-00004c1.jpg


『安カワ★楽ちんゴムベルト』???? なんじゃそら????

要はバックルレスでパンツのベルトループに引っ掛けて使うゴム素材のベルト。

02-00004c.jpg


"バックルがないのでウエストラインがスリムに見える♪ シルエットがきれいに!"が謳い文句のようですが、自転車に乗る際に前傾姿勢を強いられてもバックルが無いのでお腹が楽なのではないかと思った次第。市内ポタなどはジーンズで繰り出すことも多いワタクシことたーぱぱ。乗車姿勢によってはバックルがお腹を圧迫する。

ママちゃんにそう話したら、「パパリンはお腹が出てるから苦しいンちゃうのン♡ 痩せればいいのよォ♡」だと。返す言葉がない。ここで一念発起してお腹を引っ込めればいいのだけど、そう簡単にはいきません。

で、『安カワ★楽ちんゴムベルト』。これなら、バックルに圧迫されることも無いし、ベルト自体がゴムなので姿勢を変えてもウエストに負担がかからない・・・はず。

パックルレスだからベルトを緩めること無くパンツを脱げるし、いざという時、緊急時に素早い対応が出来るわけやしね。

"ブラック"が欲しかったが在庫切れだったので"ネイビー/ブルー"をゲット。オンラインショップでも"ブラック"は在庫切れらしいので、チャンスがあれば心斎橋店か大阪梅田茶屋町店で探してみたいと思いますが、まずは1本目で走ってみてからやね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こいつは曲者 [日常・雑感]

以前の記事(→記事参照)でも取り上げた「ベートーヴェンの音符たち」。

ベートーヴェンの音符たち.jpg


読んで、取り上げられている楽曲を揃えて聴いてみて、掲載されている譜例を弾いてしていたら・・・、

全然時間を取られて、他のことが手につきません。

危険です。もうすぐベートーヴェン博士になりそうです。

おかげで、今日涼しくなったら夕方ポタしようと思っていたのに、忘れちゃったよ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小虎奮走 [日常・雑感]

うちのジュニア君、中学生になって陸上部に入部。昨日、今日の二日に渡って初めての競技会。ところは長居陸上競技場。幼稚園〜小学校の運動会と違って本格のトラックでの競技会。

ジュニア君がエントリしたのは「男子100m」。予選13組3コースでの出走。

幼稚園〜小学校の運動会では遅れを取ったことはなく、かけっこ、徒競走にはかなり自信はもってはるようですが、トラック・レースとなるとどうでしょう!?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。